陶磁器・工芸品

商品番号 F600

嘉泉窯

ましろ 剣01

香りたつ形飲み心地よい薄さ冷茶、冷酒を味わうための真白き器

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F601

嘉泉窯

ましろ 舞00

香りたつ形飲み心地よい薄さ冷茶、冷酒を味わうための真白き器

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F602

嘉泉窯

殿茶碗(大)

香りたつ形飲み心地よい薄さ冷茶、冷酒を味わうための真白き器

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F603

嘉泉窯

殿茶碗(小)

香りたつ形飲み心地よい薄さ冷茶、冷酒を味わうための真白き器

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F604

嘉泉窯

秋草銘々皿(5枚組)

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F605

嘉久正窯

棕櫚葉形皿(2枚)

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F606

啓祥窯

唐子絵焼酎コップ絵変わり(組)

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F607

光雲窯

豆皿絵替り鯨(5枚組)

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F608

義窯

赤絵桜角豆皿(5枚組)

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F609

洸祥窯

染付一方押しフリーカップ(2客)

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F610

平戸松山窯

創作唐子コーヒー碗(ペア)

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F611

平戸松山窯

創作唐子桔梗渕深皿

19世紀半ば、ヨーロッパのひとたちの心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
このやきものは、平戸藩の厚い保護を受け、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく、技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具などをつくり続けることができました。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F612

五光窯

結晶マグカップ(ペア)

佐世保の海の幸を表現した磁器です。

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F613

現川焼臥牛窯

緑釉ペアふりーこっぷ

長崎県無形文化財の指定、元禄時代の現川焼を再現した窯元です

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F614

現川焼臥牛窯

白鷺ペア湯呑

古来より白鷺は「鷺」の文字が示す通り「路(みち)をひらく鳥」開運の文様

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F615

現川焼臥牛窯

銀河幻想文壺

長崎の幻の銘陶「元禄現川焼 臥牛窯」

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F616

松雲窯

絵変り角小皿セット(5枚組)A

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F617

松雲窯

絵変り角小皿セット(5枚組)B

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F618

松雲窯

カレー皿(2枚組)

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F619

松雲窯

小鉢(2客組)

詳しくはふるさとチョイスへ

商品番号 F620

西海屋

長崎和牛とみかわち焼セット(オリジナル風呂敷付)

献上品のような豪華さ・・・・ながさき和牛とみかわち焼

詳しくはふるさとチョイスへ